BVS集会(7/25 ビバリンピック)

ビーバー隊

TOKYOではオリンピックが始まりました。ビーバースカウトも負けずにビバリンプックを開催しました。

開会セレモニーに引き続き、林間コースでの体験が始まります。ボーイ隊では追跡サインとしておなじみですが、ビーバースカウトは初体験です。また、追跡中には虫や動物、植物などを探すことが課題が出されました。また、単独行動は禁止で必ずスカウトがまとまって歩けることとしました。(これはちょっと無理かな?)追跡サインはリーダーがセットしたものです。小枝を使ったものです。小石などを使ったものを行えば良かったのですが、この広場には小石がありませんでした。残念!

オオスズメバチ、ミミズ、カナブン、カブトムシの抜け殻など、普段見ていないいろいろな昆虫がいました。目的地に到着後、隊長からカード1枚が渡されました。

次は「ビバリンピック」の開始です。はじめは10メートル走です。各自に新聞紙が渡され、この新聞紙を下に置き、この上を渡っていきます。渡った新聞紙は必ず回収しなければなりません。新聞紙の切り方は各自の工夫となります。

 

全員クリア後に隊長から第2のカードが渡されました。

次はバケツボールです。先ほど使った新聞紙を丸めて、離れたバケツにシュートしていきます。上手く入ればクリアとなります。意外と入らないです。

これも全員クリアしたら、隊長から第3のカードが渡されました。

ビバリンピック第3の課題は重量上げです。設置してあるバケツにロープを付け引き上げます。カブ以上は簡かもしれませんが、ビーバーはまだローピングを行っていません。どんな結ぶ方をするのか工夫が楽しみです。

これも全員クリアしたら、隊長から第4のカードが渡されました。

次の課題は、新聞紙野球です。はじめに渡された新聞紙でボールを作ります。大きさや堅さは自由ですが、一番飛ぶ形の工夫が必要です。次にもう一枚渡された新聞紙でバットを作ります。これも大きさや堅さも工夫が必要です。

全員で遠くに飛ばせたら、隊長から第5のカードが渡されました。

.

最後の課題は、1分間ゲームです。眼を瞑り1分経ったと思ったところで、その場に座ります。リーダーが中止しなくても、全員黙って取り組んでいます。(少々びっくり)

45~75秒の間で全員が座りました。Sくんが57秒で最も近い数値でした。いささか驚きました。

これで最後の第6のカードが渡されました。

全員でカードを並べて、書いてある内容を考えています。

「TOKYO」「だ」「る」「ん」「め」「き」→ TOKYOきんめだる です。

全員に金メダルを授与し、閉会セレモニーを行い終了となりました。

*熱中症対策として10分ごとに水分補給を実施しました。

次回は「自然観察の森」で行います。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました