水遊び_水辺の学校(7/18CS隊集会)

カブ隊

水中生物の観察をメインで行う予定でいましたが、暑さと水の適度な冷たさもあり、水遊びが中心の活動になりました。

箱眼鏡づくり

 梅雨明けとなり、太陽も容赦なく照りつけ暑い一日でしたが、木陰は過ごしやすい状況でした。金曜日の夕方にはあった池への流れ込みは、今日はなくなっていました。自然の変化のすごさを感じました。本日の集会場所は、松原橋公園の水辺の学校の場所で行いました。

 まずは、箱眼鏡づくり。牛乳パックを加工し作成しました。

箱眼鏡のつくり方は、下記ホームページを参考にしました。

水の中の観察

 観察です。予定ではこの池への流れ込みの場所から上流に向かい確認していこうと思っていましたが、池の中に変更です。水は冷たかったですが徐々に慣れていきました。水はとても澄んでいて、そこまでばっちり見える状態でしたので、箱眼鏡も思ったほどの活躍はしませんでした。

 水の上には、トンボやバッタなど昆虫はいましたが、水の中では多くは見られませんでした。

水遊び

 後半戦は水遊びです。上から見るとかなり小さくなってしまった池ですが、入ってみると遊ぶに十分な広さもあり、ボートやカヌーも出してみました。カヌーは最初はリーダーが後ろに乗って体験させていましたが、最後は組長が後ろに乗りかじを取りながらうまく漕いでいました。

おわりに

 

次回は、桐生市市民広場でディキャンプをする予定です。晴れたらソーラークッキングもやってみたい。楽しみですね。

写真追加

隊長が撮影した写真を追加します。

コメント